2017年5月25日更新

関西地方 三重

月夜見宮の御朱印〜月の満ち欠けを教え、暦を司る天照大御神の弟神〜|三重県伊勢市

月夜見宮とは

月夜見宮では月の神様「月夜見尊」とその荒御魂が祀られています。

昼は太陽神の天照大御神が、夜は月神の月夜見尊が見守っているのです。

月は夜を司る神として、子種の活動を活発にさせ出産を促すとされており、夫婦円満・良縁・縁結び・子宝などのご利益があるようです。

ちなみに月夜見宮から外宮まで、神路通りという道があり、通称「神様の通り道」と言われています。

なんでも、入り口にある石垣が夜になると白馬へ姿を変え、月夜見宮の神様が馬に乗って夜な夜な外宮へ通うための道だとか。

そのため昔から、真ん中を歩いてはいけないという風習があるそうです。

月夜見宮までのアクセス、駐車場は?

近鉄伊勢市駅、JR伊勢市駅から徒歩10分
駐車場は無料。ただ台数がかなり少ないので注意しましょう。

月夜見宮と月読宮の違い

外宮には月夜見宮、内宮には月読宮(月讀宮)がありますが、月夜見宮も月読宮も同じ神様が祀られています。

この違いには諸説あって、祀っていた氏族が異なるために分かれているとか言われていたり、内宮の月読は男性神で、外宮の月夜見は女性神だという説も。

ただ、内宮と外宮でそれぞれ漢字が違うだけで、昔から特に区別がついていないというのが一番有力な説です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

月夜見宮[つきよみのみや] 参拝のまとめ

神路通りには色々な言い伝えがあったり、パワースポットが多いそうですが、車で各神社を巡るとあまりそういった細かい部分まで楽しめないことも。次は徒歩であちこち散策してみたいと思います。

月夜見宮[つきよみのみや]の詳細データ

神社仏閣名
月夜見宮[つきよみのみや]
御祭神
月夜見尊・月夜見尊荒御魂
所在地
伊勢市宮後1-3-19
最寄駅
伊勢市駅(JR・近鉄)
駐車場
あり
公式サイト
http://www.isejingu.or.jp/about/geku/tsukiyomi.html

月夜見宮[つきよみのみや]の御朱印

※クリックすると拡大します

月夜見宮[つきよみのみや]の御朱印

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気の御朱印記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめの御朱印記事

新着の御朱印記事

都道府県・地名から探す

気に入ったらシェアお願いします