2017年7月9日更新

九州・沖縄地方 沖縄

沖縄県護国神社の御朱印〜沖縄県で一番人気の初詣スポット・「平和」を象徴する神社〜|沖縄県那覇市

沖縄戦で亡くなった方々を想って建てられた、平和を象徴する神社「沖縄県護国神社」。沖縄戦でなくなった方々を慰める神社で、一般の方の参拝も多いのですが、戦友を思い出してお参りをされる方も沢山いらっしゃるそうです。

沖縄県護国神社へのアクセス・駐車場は?


車だと那覇空港から7分程度なので、旅行の締めくくりに最適。電車の場合はモノレール「奥武山公園駅」「壺川駅」から5分程度です。


とても広い公園なので、公園の駐車場から結構歩きます。夏はしっかり水分を補給しながら、熱中症に注意しましょう。


このあたりは猫が多く、何匹も野良猫に出会うことができます。


広場に近い駐車場から歩くこと10分、ようやく入口が見えてきました。


神社まで歩くのは遠いなぁと思っていたのですが、入口付近まで来ると神社専用の駐車場がひとつありました。あとから気付いたので一緒にメモ。

沖縄県護国神社の神様・ご利益は?


昭和11年に招魂社として建立された沖縄県護国神社。その社に神様はおらず、沖縄戦で戦没された方々をお祀りしています。こちらは「傷痍軍人夫婦の像」。傷痍軍人とは、戦傷を負った軍人のことです。

手水舎でまず清めてから参拝しましょう

初詣には25万人以上の参拝者が訪れる人気No1スポット


那覇市にある奥武山公園の真ん中に護国神社があります。陸上競技場や庭球場、プールまである大規模な公園なのですが、お正月には沖縄県でナンバーワンを誇る初詣スポットで、各地から参拝者がやってきて大賑わいになるそう。

日常生活を支える「針」に感謝「針の碑」

平和の象徴である神社に「平和の像」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

沖縄県護国神社 参拝のまとめ

沖縄には、「ひめゆり平和祈念資料館」や「旧海軍司令部壕」をはじめ、数多くの戦争資料スポットがあります。この沖縄県護国神社もまた、戦争に関わる場所のひとつとして、沖縄県外からの訪問者が多いようです。

沖縄県護国神社の詳細データ

神社仏閣名
沖縄県護国神社
御祭神
戦争で亡くなった方々
所在地
沖縄県那覇市奥武山町44番地
最寄駅
モノレール「奥武山公園駅」「壺川駅」から徒歩5分
駐車場
あり
公式サイト
http://www.okinawa-gokoku.jp/

沖縄県護国神社の御朱印

※クリックすると拡大します

沖縄県護国神社の御朱印

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

人気の御朱印記事

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

おすすめの御朱印記事

新着の御朱印記事

都道府県・地名から探す

気に入ったらシェアお願いします